工芸4人展


今回、京都の工芸専門学校を卒業して各分野で活躍されている若手作家さん4名による 企画展を開催させていただきます。
会期を通じてアポイントでの来廊をお待ちしております。

先行ギャラリー展示:11月26日(金)より11月28日(日) 11〜18時

WEB企画展:12月1日〜12月12日

実店舗アポイントメント(予約)について



ギャラリー展示
   

   

   


ギャラリーえにし企画展につきまして、アポイント制にて来廊いただき実物をご鑑賞いただけるサービスを実施しております。鑑賞ご希望の方は下記バナーよりお申し込みください。




作家紹介

新川砂山 陶芸

1989年7月 岐阜県生まれ
2012年3月 京都伝統工芸大学校卒業
2012年4月 陶楽陶苑に就職
2015年3月 陶楽陶苑を退職
2015年4月 京都にて独立
以降販売店やギャラリーでグループ展を行う
2021年4月 京都色絵陶芸協同組合に所属

内田ちひろ 陶芸

京都伝統工芸専門学校卒業
石川県の妙泉陶房勤務を経て
現在滋賀県にて自宅作陶中

星山月海 陶芸

星山月海(せいざんげっかい)とは、明治期の世界の工芸品に影響を受け、洗練された美術工芸を現代に合わせアレンジした作品を作る「星山」と星山が使用する特別な技法「堆花」とその世界観を、現代の生活に馴染むデザインの作品を作る「月海」による陶芸デュオです。

-星山-
江戸末期から明治期にかけて日本を含む世界は、数多のときめきと可憐さを作り上げました。その様々な作品に魅了され、私の中のまぜまざり、あたらしい、私だけの、星山だけが生み出せるもの、いまの思いを詰め込み作り上げています。
-月海-
星山が培ってきたデザイン・センスを、より多くの方に触れていただくために、日々の生活の中に溶け込む様アレンジを加え、月海の作品として再構築した作品になります。

石場亮輔 金工

1985年4月 愛知県生まれ
2009年3月 私立名城大学理工学部卒業
2009年4月 京都伝統工芸大学校、金属工芸科入学
2011年3月 同行卒業
2011年4月 (株)開化堂入社
以降本業の傍ら個人製作も進める
Copyright © Gallery enishi All rights reserved.